イラストレーターと収入


052644

イラストレーターとして飯を食っていけるのか、という現実について書いた初心者向けサイトです。

これから先、学校に通ってイラストレーターになろうと考えている方に向けて書きました。

●収入について

これまでの記事に、「一般的なイラストレーターの年収は500万円」と書いてありますが、それは収入が高い方の人の額です。

イラストレーターの多くの収入は、200万円前後です。

つまり、これだけでは食べていけないということになります。

ただし、これはフリーのイラストレーターの額であり、デザイン会社などの企業に所属している人は違います。

大きな収入は望めないが、安定はしている、ということです。

また、広告系のイラストレーターは出版系よりも収入が高いですが、出版系を目指す人が多いです。

なので、フリーのイラストレーターになっても暮らしていくのは難しい、ということになります。

ただし、これはライターなどの、どの仕事でも似たようなものであるという認識があってもいいと思います。

●専門学校で学ぶこと

イラストやデザインの専門学校はいろいろあります。

それぞれの系統によって少しずつ違うというのが実際なので、ご自身がどんなイラストを描きたいのかを決め、学校を選んでください。

その学校では、もちろんイラストや絵というものについて教えてくれます。

そしてそれと同等に、就職についても力を入れています。

就職率を高めるというのが、専門学校の目標のひとつだからです。

学校でイラストを学び、就職して企業で書き続けるというのも、プロのひとつのあり方です。

また、他の学科から影響を受けるというのも勉強になります。

●まとめ

アニメ/イラスト/ゲームなどと隣り合ったジャンルの学科を設置している学校があるので、その場合は身近な人から学ぶことが出来るでしょう。

どんなイラストを描くにしても、幅広い分野からの影響をうけることが、自身の器を広げるひとつのやり方になると思います。
イラストレーターとして、学ぶべきことや守るべきことはいくつもあります。

現在では、納品をするのにデータで送ることがほとんどです。

漫画家でさえ半分はデジタルで描いているのが現状ですから、イラストでも一緒です。

必要なソフトを使いこなせるようにしておかなければなりません。

また、仕事としてイラストを描くのですから、相手との信頼関係を大切にしましょう。

これらのことは、サイトや本を読むよりも、学校、そして現場で実践的に学んでください。

どんなことでも勉強だと思って挑むことが大切でしょう。