専門学校からイラスト業界に就職するには

イラスト専門学校に興味を持っている人の多くは、卒業して就職するときのことを考えているのではないでしょうか。
イラスト専門学校ではどのような職業を目指せるのか・どのような技術を身に付けて社会にでるのかなど徹底検証しました!
イラスト専門学校の卒業後の不安を取り除きませんか?


a0002_011008

イラスト専門学校で身に付けるスキル


イラスト専門学校では鉛筆や絵の具などアナログな道具を使用する一方で、コンピュータを使用する授業もあります。
社会に出てイラストの仕事を始めると依頼主から「このようなイメージで描いてください」という発注が来てそれに合わせて描く必要があります。
そのため依頼主の希望に沿うよう様々な道具を使い分けられるスキルは重要でしょう。
イラスト専門学校で学ぶ様々な道具の使い方はプロに必要とされるスキルのひとつですね。

イラスト専門学校卒業後の進路


イラスト専門学校を卒業後はデザイン会社にイラストレーターとして入社したり、編集プロダクションに入社したりする人が多いようです。
またショップなどに勤めてPOP製作者として活躍する人も。
また漫画家のアシスタントとして働き、イラストレーターと漫画家の両方を目指す人もいます。
絵を毎日描き続けるため画力があがるので、絵を必要とされる場所で重宝されることは間違いありません。
イラストを描く仕事は様々な場にあるので、熱意があればイラストレーターになれる可能性は高いのです。

イラスト専門学校は社会人も歓迎


一度は他の職種に就いたけれどイラストへの想いを捨てきれない・子育てが終わったからイラストを本格的に勉強したいなどの想いを抱えて入学してくる人も少なくありません。
社会人が本当にやりたいことにチャレンジできる場としても、イラスト専門学校はおすすめです。
イラスト専門学校から就職を目指すなら


まとめ


イラストを描くのが好き・イラストレーターになりたい・イラストに関わる仕事に就きたいと思ったら専門学校に通うことが一番かもしれません。
イラスト専門学校では画力を上げるほかにも、キャラクターに人間味を持たせる方法なども教えてくれるので絵に深みがでます。
ただイラストを描くだけではなく、プロの目線でイラストを描けるようになるので即戦力が身につきますよ。
ぜひ本気でイラストレーターを目指しているのなら、専門学校について調べてみてくださいね。
諦めかけていたイラストレーターへの夢が一気に開けるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする